RECOMMENDATIONS

The Doobie Brothers ←
The Captain and Me
2016-02-10 20:13:31

1973年

  ドゥービー・ブラザーズはイーグルスと並ぶウェストコーストロックバンド。リーダーのトム・ジョンストン在籍時はイーグルスよりドライブ感がありロック色が強くて、チャキチャキのギターとパンチのあるボーカルが特徴です。

 

  代表曲は「ロング・トレイン・ラニン」です。チャキチャキのカッティングギターを前面に押し出した16ビートの短調ブルースです。コード進行と構成が分かりやすいのでmusic bar Hi-FIVEではセッションの定番曲です。

 

  「チャイナ・グローブ」は軽快なロックです。ギターはジャキジャキした音でインパクトのある明るいリフを奏でます。

 

   このアルバムのプロデューサーはテッド・テンプルマンといっても誰もわからないでしょうが、後々ヴァン・ヘイレンの面倒を見ることになる方です。で、「ウィザウト・ユー」はヴァン・ヘイレンのようなハードロックを彷彿とさせるサウンドに仕上がっているのです。因みにバッドフィンガー、ハリー・ニルソン、マライア・キャリーの同名ヒット曲とは無関係です。

 

   トム・ジョンストンがギンギンロックなら、パトリック・シモンズはイーグルスよりのカントリーバラードが得意です。そんな彼の代表曲は「サウス・シティ・ミッドナイト・レイディ」です。フォークギターとスライドギターの田舎臭い雰囲気に美しいコーラスが素敵です。

1